ホーム >> Place >> 長野県東御市・田之尻「どんぐりの森 里山再生プロジェクト」

Place活動場所

長野県東御市・田之尻「どんぐりの森 里山再生プロジェクト」

長野県東御市・田之尻「どんぐりの森 里山再生プロジェクト」 | 長野県東御市・田之尻「どんぐりの森 里山再生プロジェクト」の写真

長野県東御市は県の東部に位置します。北は上信越高原国立公園の浅間連峰を背にし、中央部を東西に千曲川が流れる、豊かな風土と歴史に恵まれた美しいまちとして知られています。
その東御市にある田之尻地区では近年、集落に隣接する森林に手が入らず竹林化するなど森林の荒廃が進んでいるため、地域住民や自治体等の協力のもとで、侵入竹の除去や除間伐等を行ない、里山の再生に取り組んでいました。
そんなさなかの2010年5月に地拵えの箇所で山火事が発生し、4haの山林が焼失してしまいました。
田之尻地区の住民の願いとしては、焼失した山林への植樹とその保育を第一に、山火事周辺の山林の除間伐等も進め、林内の散策路の整備を行ないながら、将来的には地域住民が四季を通じて気軽に通える憩いの場として再生を図っていきたいとしています。そのため、植樹する苗木は針葉樹ではなく、広葉樹でかつ、近隣の山林から生まれたものを計画しています。
また、地域の子どもたちと共に「どんぐり還し」活動も進めていきます。
さらに、このプロジェクトを行うことにおける生物多様性への影響と貢献度の評価を、信州大学農学部中村寛志研究室と協働で行ないます。

 

Basic Data

場所 長野県東御市田之尻地区
期間 2011年4月~
面積 4ヘクタール
樹種 コナラ、オオヤマサクラ、ヤマボウシほか広葉樹
活動内容 山火事跡地の植樹、下草刈り、生物多様性調査、ほか
活動パートナー コスモ石油エコカード基金、東京ガス環境おうえん基金、信州大学中村寛志研究室、田之尻地域里山整備推進委員会

Page Top