ホーム >> Announcement & Report >> Report >> 第1回_森ライ ミーティング−日本の森林保全団体のこと、そして森ライのことを考える。

第1回_森ライ ミーティング−日本の森林保全団体のこと、そして森ライのことを考える。 | すべての人と森づくりを|森のライフスタイル研究所

Announcement

第1回_森ライ ミーティング−日本の森林保全団体のこと、そして森ライのことを考える。

2013/05/08 cafe&bar noi

レポート公開中 2014/09/03 Update

【5/8賑楽終了】これまで森ライの活動には、本当に多くの人が参加くださっています。大きな特徴は、森ライへの参加が、森づくり活動の初体験という方が多いこと。日本には、森づくり団体が約3,000あります。そんなことから、日本全体の森づくり団体のことからまずは理解してみて、森ライの立ち位置や振る舞いをみんなで考えてみたいと思います。考えたあとは楽しくみんなでガヤガヤです。

申込は締切りました

Guideline

活動名 第1回_森ライ ミーティング−日本の森林保全団体のこと、そして森ライのことを考える。
開催日時 2013/05/08(水) ~2013/05/08(水)
開催場所 cafe&bar noi (渋谷区神宮前5-50-5 青山NSビル B1F 電話:03-6427-2881)
活動内容 ●日本には、森づくりを行う団体が約3,000あります。そんなことから、日本全体の森づくり団体のことからまずは理解してみて、森ライの立ち位置や振る舞いをみんなで考えてみたいと思います。
●考えた後は、森のオフ会として、参加者同士の交流を図ります。
集合 ●18時45分:お店に直接お越しください。
スケジュール ●18時30分〜19時00分:会場設営
●19時00分〜20時15分:お話しの内容「日本の森林保全団体のこと、そして森ライのこと。」
お話しする人「松村正治さん」
<NPO法人よこはま里山研究所 理事長/恵泉女学園大学 准教授>
●20時15分〜22時00分ごろ:森のオフ会(飲み放題、食べ放題)
持ち物
募集対象 20歳以上で、森づくりに関心があったり、これから関心がもてそうな方
参加者数 34名
参加費 ●5,000円(お一人様あたり)
飲み放題、食べ放題の実費です。
申込期限 平成25年4月27日(土)
注意点 ●アルコールが提供されますので、20歳未満の方、ご注意ください。 ●まじめに、森づくりのことを考えます。そして、たのしく、みんなで交流もします。
ご連絡 以下の5点をご記入の上、申込フォームからご連絡ください。
●お名前、フリガナ(参加者全員)
●メールアドレス(参加者全員)
●ご住所(代表者のみ)
●電話番号(参加者全員)
●生まれた年(参加者全員、例えば1971年)
その他

Report

第1回 森ライ ミーティング 日本の森林保全団体のこと、そして森ライのことを考える。

表参道のカフェ & バーで、森のお勉強。

昨年から「森のオフ会」と称して有志が集い、親睦会を実施していましたが、森のライフスタイル研究所設立10周年を迎える今年はさらに意義のある親睦会にするべく「森ライミーティング」を開催することになりました。
毎回、森や自然に関わっている方を講師にお招きし、前半はしっかりお勉強、そして後半はいつものオフ会のように楽しく飲んで語りましょう!という企画です。

記念すべき第1回の森ライミーティングには、「特定非営利活動法人よこはま里山研究所~NORA」の理事長である、恵泉女子大准教授の松村正治さんをお招きしました。開催場所は、森ライ事務所からも程近い、表参道のcafe & bar noi。森ライ参加者をはじめ34名が集まりました。

講演は、「森林づくり活動の全国的な展開における森のライフスタイル研究所の現在地+少しNORAの紹介」というタイトルで、パワーポイントのスライドショーを駆使し、そもそも日本の森林ボランティアはいつから始まったのかを皮切りに、日本の森林と森林ボランティアの現代史を紐解き、森林ボランティア活動における収入や資金、活動目的から課題まで広範な内容をわかりやすくまとめていただきました。
NPO法人の運営や活動面での苦労話など、普段あまり聞くことができない話題を聞けたことも、大きな収穫でした。森ライ同様、森づくりに関わるNPO法人の代表の眼から客観的に森ライの活動を見ていただき、これからすべきことを一緒に考えることができた有意義な夜でした。

森ライ ミーティングは、不定期ですが今後も続けていきますので、よろしくお願いいたします。


NPO法人よこはま里山研究所
人々の暮らしと里山との間の距離を近づけることによって、生命(いのち)のつながりが感じられる機会を取り戻すため、様々な活動を展開しています。
http://nora-yokohama.org/

Photo

Page Top