ホーム >> Announcement & Report >> Report >> ロハスな夏の下草刈り「ヒノキの苗木を雑草から探しだせ!終わったら温泉だ!」ツアー

ロハスな夏の下草刈り「ヒノキの苗木を雑草から探しだせ!終わったら温泉だ!」ツアー | すべての人と 森づくりを|森のライフスタイル研究所

Announcement

ロハスな夏の下草刈り「ヒノキの苗木を雑草から探しだせ!終わったら温泉だ!」ツアー

2012/07/21 長野県佐久市大沢地区

レポート公開中 2014/07/24 Update

【7/21曇空終了】これまで当団体は4回の植林活動を長野県佐久市で行なってきました。それは「その分の草刈りがありますよ!」という意味にもなります。これまで植えてきたヒノキの苗木は、雑草たちに囲まれ、お天道さまにあたらなくなっています。そこで今回は「ヒノキの苗木を探しだせ!」と銘打った活動を行ないました。

「セブン-イレブン記念財団」・「緑の募金」より支援を受けて行なっています。

申込は締切りました

Guideline

活動名 ロハスな夏の下草刈り「ヒノキの苗木を雑草から探しだせ!終わったら温泉だ!」ツアー
開催日時 2012/07/21(土) ~2012/07/21(土)

雨天時は、合羽を着ての作業になります。

開催場所 長野県佐久市大沢地区
活動内容 ●これまで植林してきたヒノキの苗の周りの草刈りを行ないます。
●帰りには温泉への立ち寄ります(希望者のみ)。入浴されない方は、施設内でお休みください。
集合 6時45分:集合/新宿西口スバルビル前(東京都新宿区西新宿1-7-2)
現地集合でも構いません。
スケジュール ●7時:出発
●10時30分ごろ到着
●10時30分~10時45分:森づくり場所まで徒歩で移動
●10時45分~13時30分:ヒノキの苗木周りの下草刈り
●13時30分~13時45分:アジトまで移動
●13時45分~14時30分:昼食(分教場の中でそうめん等の予定)と交流会
●14時30分〜14時50分:分教場の掃除
●14時50分〜15時15分:温泉へ移動
●15時15分〜16時15分:温泉入浴(穂の香乃湯)
●15時30分ごろ:帰路(途中、道の駅にてお土産買い出しなど)
●19時00分ごろ:解散/新宿西口ロータリー
持ち物 汚れてもよい服装、帽子(必須)、軍手(イボイボ付き)、着替え、タオル、飲み物。靴は動きやすいもの、合羽、常備薬(必要な方)。バスタオルやシャンプーなど(シャワー浴びる方)、虫除けスプレー
募集対象 ●ご興味のある方なら誰でも(親子での参加もOKです)
●CSR活動としての企業ボランティアさんも歓迎です。
参加者数 59名
参加費 ●1,000円(お1人様あたり)
●400円(温泉入館料/入浴者のみ)
●7月13日(金)までにNPO事務局へキャンセルの連絡(メールor電話)いただけなかった場合、全額1,000円をご請求させて頂きますので、予めご了承ください。
●定員を設けての開催になるので、ご都合がつかなくなった場合は早めにご連絡ください。
申込期限 平成24年7月6日(金)
注意点 ●バス降車後すぐに活動ができる服装でご集合ください。
●貴重品の管理は各自でお願い致します。
●暑い季節ですが長袖、長ズボンが好ましいです。帽子は必需品です。
●蜂の被害が考えられます。
●蜂は濃い色の服装にやってきます。また、甘い臭いに引き寄せられてきますので、香水類は禁止します。
●靴は長靴を用意しました。ご希望の方はサイズを申込時にお聞かせください。
●革の手袋を用意しました。ご希望の方はお貸しいたします。
●森の中は基本禁煙です(山火事防止のため)。
●温泉にバスタオルはございません。普通サイズのレンタルタオル(200円)しかありません。
●温泉施設には、シャンプーとボディーソープがあります。
●渋滞により、新宿に着く時間が遅くなることもございますので、予めご承知ください。
ご連絡 以下の6点をご記入の上、申込フォームからご連絡ください。
●お名前、フリガナ(参加者全員)
●メールアドレス(参加者全員)
●ご住所(代表者のみ)
●電話番号(参加者全員)
●生まれた年(参加者全員、例えば1971年)
●長靴のサイズ(レンタル希望者のみ)
その他 ●あさしな温泉 穂の香乃湯(長野県佐久市甲1071-1 TEL:0267-58-0033)

Report

佐久の森で夏恒例の「下草刈り」

「ロハスな夏の下草刈り ヒノキの苗を雑草から探し出せ! 終わったら温泉だ!」ツアー

いつものように、早朝の新宿に集合した総勢60人ほどの参加者たちを乗せたバスは、長野県佐久市大沢地区を目指して予定通り朝7時に出発。今回は、昨年4月にヒノキの苗1,500本を植えた斜面に、背の丈より高く茂り、苗を覆い隠してしまった雑草を刈る、真夏の山仕事恒例の「下草刈り」です。
天気は朝のうちだけ前日からの雨が残り、作業を行なう時間帯は曇りの予報だったにもかかわらず、10時過ぎに現場に到着してみるとそぼ降る雨。千葉での活動とは正反対に天候にはいつも恵まれてきた長野でしたが、「さすがに今回は雨かな」と覚悟をしながら、いつも利用している分教場で雨具に着替え、山に向かって15分ほどの道のりを歩いているうちに雨も次第に上がり、気温もそれほど高くない気持ちのいい初夏の気候に早変わり。木を伐ってしまった日陰のない斜面で行なう夏場の下草刈りは、晴れればもっとも厳しい山仕事といわれるだけに、この気候はまさにベスト!
やっぱり長野は天気に強い!

山での作業は危険と隣り合わせ

下草刈り自体は、植林した苗の生長を妨げている周囲の雑草や灌木を伐り、苗に充分に陽が当たるようにしてあげることですが、同じ下草刈りでも、平坦な土地にある千葉の海岸林と異なり、山は急斜面での作業です。しかも、さきほどまでの雨のため、足場はずるずると滑り、手には鋭利に研がれた鎌。夏は蜂も多く出没し、虫に喰われることもあれば、伐った草から出る液体を目に入れてしまえば炎症を起こす可能性も…というように、まさに危険と隣り合わせの作業です。
さらにもうひとつ。ここでは目印棒を立てずに苗を植えたため、背丈ほどに伸びた雑草に隠れてしまったヒノキの苗を見つけ出すのが一層難しいことです。無意識にバサバサと雑草を伐っているうちに、ヒノキの苗も一緒に伐ってしまっては元も子もありません。そこで、まず左手で伐る対象となる雑草をつかみ、つかんだ雑草だけ鎌で伐るようにしていきます。この方法で進めていく限り、せっかく植えたヒノキを間違えて伐ってしまうことは少ないはずです。
そんな注意点を胸に、作業を進めること約2時間半。事故もなく、予定していた箇所の雑草は刈られ、植えたときよりもひと周り大きく育ったヒノキにも再び陽があたるようになって気持ち良さそうです。
「下草刈りは、成果がはっきり目に見えるから、やり甲斐があるよね」。リピーターの皆さんのそんな声を聞きながら、汗を拭き吹き、再び分教場へ。

「正しいこと」のあとには「楽しいこと」を

山から降りたら、分教場の庭先で火をおこし、バーベキューを食べながらビールや地元の日本酒で「カンパーイ!」。初対面同士も多く、行きのバスではなかなか声をかけにくいものですが、同じ時間に同じ場所で同じ作業に精を出したあとはもう仲間です。自己紹介をしたり、山での体験を語り合ったり、携帯番号やメアドを交換し合ったり…。そして再びバスに乗って少し移動したら、汗と、バーベキューであびた煙をさっぱり流すために地元の温泉へ。
除伐や間伐、地拵え、植林、下草刈りといった山での仕事を通して社会に貢献することが私たちの活動です。でも、「“正しいこと”を続けていくには“楽しいこと”もないと長続きしない」私たちはそう考えます。だからこその、バーベキューであり、温泉なのです。
今後も、「正しいこと」とともに、「楽しい企画」をいろいろ用意しながら山での活動を続けていきますので、皆さんの応援、よろしくお願いします!

Photo

そぼ降る雨の中、分教場を出発。田んぼのいい香りに包まれて山へと向かう。
歩いているうちに、少しずつ雨も上がってきた模様。
現場に到着。一行の左側に広がる斜面が今回の対象です。
近づいてみればご覧の通り。タケニグサを中心に雑草や灌木に覆われて、ヒノキの姿は見えず…。
「私の背より高いよ~」。タケニグサはこの時期、あっという間に大きくなってしまいます
左手で雑草をたばねて、右手に持った鎌でバッサリ。作業は着々と進められていきました。
いい香りがすると思ったら、山椒の木でした。持って帰って鉢植えにすれば食事時に重宝しそうです。
すっかり顔を出したヒノキの苗。気持ち良さそうです。
草ぼうぼうだった斜面もご覧の通りすっきり。
下草刈りも終わって、きれいになった斜面に全員集合。お疲れさまでした!
山から分教場に戻ったら、なにはともあれ「カンパーイ!」
肉とズッキーニ、トウモロコシなど地元野菜を焼いたBBQに焼きそば、よく冷えたプラム、穫りたてキュウリのもろきゅうなどが今回のメニューでした。
働いたからこそBBQは美味しいし、初対面同士でも同じ作業をしたからこそ生まれる連帯感。これも活動の醍醐味です。

Voice

写真左/服部さん<br>写真中央/長男・鷹彦さん<br>写真右/次男・良太さん
写真左/服部さん
写真中央/長男・鷹彦さん
写真右/次男・良太さん
「昨年9月に家内と地拵えに参加して以来、家でも活動の話をしていましたが、今回、初めて子どもたちを連れてやってきました」( 服部さん)
「想像していたより草が生い茂っていてびっくりしました。傾斜も急ですし、思った以上に大変な作業でした」( 鷹彦さん)
「大変でしたが、やりがいのある作業で、いい経験になりました。楽しみにしていたバーベキューも満喫しました」(良太さん)
写真右/アオタさん<br>写真左/ナミキさん
写真右/アオタさん
写真左/ナミキさん
「埼玉県から来ました。うちの周りもけっこう自然が豊かですし、鎌も使ったことがありますが、やっぱり草刈りって楽しい!」(アオタさん)
「こうして、気持ちのいい自然に囲まれて身体を動かして、バーベキューやって、ビール飲んで、温泉に入って…。最高です!」(ナミキさん)
タナカさん
タナカさん
「まだ小さいころに子供会で山歩きに来て以来、久々の山でしたが、雨上がりでちょうどいいくらいの涼しい気候でしたし、やっぱりここまで来ると空気が違いますね。働いた後のご褒美のビールも美味しかったです」
ホーガンさん姉妹
ホーガンさん姉妹
「去年の12月に参加して以来2度目の参加で、今回はアイルランドから帰国中の妹を連れてきました。前回は冬で雪もありましたが、今回は緑生い茂る夏。季節の違いも楽しめましたし、妹も楽しんでくれたようで良かったです」
福安一美さん
福安一美さん
「会社で環境保全関係のNPOを立ち上げることになり、参考になればということで6月に来ましたが、思っていたより楽しかったので、今回は“公私の私”の部分でやって来ました。ここでは、参加する人たちがみんな笑顔なのが素晴らしいですよね」
ハルカさん
ハルカさん
「ラジオ番組で紹介されていたのを聞いて、“いいことをして頑張るだけじゃなく、楽しく!”という部分に惹かれて初参加です。私みたいにひとりで参加している人が多いのもいいですし、ファッションや出会いも楽しんで、期待していた通りでした。また来ます!」

Page Top