ホーム >> Announcement & Report >> Report >> Act012 「森のめぐみをいただきます!きのこ&プルーン狩りツアー」

Act012 「森のめぐみをいただきます!きのこ&プルーン狩りツアー」 | すべての人と 森づくりを|森のライフスタイル研究所

Announcement

Act012 「森のめぐみをいただきます!きのこ&プルーン狩りツアー」

2010/10/02 長野県佐久市

レポート公開中 2014/07/24 Update

10/2終了 森と洋服のプロジェクト・Action012 「森のめぐみをいただきます!きのこ&プルーン狩りツアー」の活動レポート公開中!

木を伐ったり、植えたりすることだけが、森を感じる活動ではありません。食欲の秋ですから、action0012では森のめぐみである“きのこ”を皆さんで収穫してみたいと思います。たまには、食べられる森も、いかが??

Guideline

活動名 Action012 森のめぐみをいただきます!きのこ&プルーン狩りツアー
開催日時 2010/10/02(土)

※原則、雨天決行です。(合羽を着ての作業になります)

開催場所 長野県佐久市
活動内容 木を伐ったり、植えたりすることだけが、森を感じる活動ではありません。食欲の秋ですから、action0012では森のめぐみである“きのこ”を皆さんで収穫してみたいと思います。たまには、食べれる森も、いかが??
詳細はこちら
集合 集合/当日6:45 新宿西口スバルビル前
スケジュール <原則、雨天決行です。(合羽を着ての作業になります)
持ち物 汚れてもよい服装(素肌が露出しない服装が良いかと思います。例:長袖長ズボン)、軍手、着替え、タオル、飲み物、雨合羽。靴はスニーカー等動きやすいもの。
募集対象 森づくりの興味のある方ならどなたでも
参加者数 25名
参加費 3,000円
申込期限
注意点 ※ 山作業ではハチに注意する必要があります(当団体でも万が一の処置準備はしてございます)。ハチは濃い色の服装に寄ってくるので、黒系の服装は避けてください。また、甘い香りにも寄って来ます。当日、香水等はつけないようご注意ください。
※ きのこには毒のある危険なものもあり死にいたることもございます。森の中に自生していたきのこは、品評はしますが、万が一のために持ち帰りはいたしません。持ち帰り用のきのこは、きのこ栽培ファーム「でくのぼう」で収穫したものだけとなります。集団行動でのきのこ狩りになりますので、予めご了承ください。
ご連絡
その他

Report

森の恵みをいただきます。「きのこ&プルーン狩りツアー」開催しました。

10/2 秋の森は恵みが一杯!「きのこ&プルーン狩りツアー」を楽しく行ないました。

秋の森の恵み「きのこ狩り」

天高く、馬肥ゆる食欲の秋──前回の稲刈りに続いて、森と洋服のプロジェクトのツアーは今回も秋らしく「きのこ狩り」です。森の恵みは、春なら山菜が有名ですが、今はまさに“実りの秋”。クリや山ブドウ、そしてきのこが山を訪れる人たちを喜ばせてくれます。
今回訪れた佐久市の森は、“きのこの宝庫”と言われる長野県の中でも特に種類が多い地区なのですが、中には猛毒を持った種もあり、素人判断で口にするのは危険です。というわけで、佐久市役所からきのこの専門家をお呼びして、収穫したきのこの鑑定をお願いした次第。さて、勇んで山に入った皆さんは、果たして食べられるきのこを見つけることができるのでしょうか……!?

収穫したきのこを品評

秋の山は、まさにきのこの宝庫。少し歩けば、すぐにいくつか目につくほどで、「目についたきのこは片っ端から穫ってみた」という人もいて、1時間ほどで山ほどのきのこが穫れました。
そして、「これは食べられます」「これは毒きのこです」と、専門家の方に品評してもらいましたが、万が一のことを考えて、収穫したきのこは口にしないのが今回のお約束です。そのかわり、ビールで乾杯したあとは、地元の美味しいきのこがたっぷり入った「きのこ汁」と、地元のお母さんたちが握ってくれたおむすびでお昼ご飯。山を歩いた後にいただく地元の食材盛りだくさんの食事は、やっぱり最高です!

Page Top