Home > メンテナンス > ペレットストーブのメンテナンス情報|

ペレットストーブのメンテナンス情報|

昨日から1泊で、ペレットストーブのトラブル事例調査

新潟県・長野県に設置されている何台かのペレットストーブが対象。


症状:ペレット燃料が燃焼ポットの溜まってしまって、長時間の連続燃焼ができない。そのままほっておくと、ペレット燃料がこぼれる。

対策等:燃焼に必要な空気量がうまく取り入れられず、燃焼が不安定。

排気筒内の燃焼灰の除去、燃焼ポット下のお掃除、ファンの目詰まりなどが考えられる。 

灰受けのお皿が溜まりすぎの写真。灰受け1/3程度に燃焼灰が溜まったら、捨ててください。<お客様で対応が可能です>


天板で隠れているが、熱交換器の上に燃焼灰が溜まりすぎている。定期的な業者のメンテナンスが必要。<業者に依頼>


今回は、
1)排気筒内に溜まった燃焼灰を除去
2)熱交換器のうえに溜まった燃焼灰を除去
3)灰受けの燃焼灰を除去

3つのメンテナンスを行ない、燃焼に必要な空気のお通じをよくして完了。
結果は↓↓ よく燃えるようになりました。


ペレットストーブの利用者のYさんもご納得。


別のお客様の場合・・・・・・・・・・、


燃焼ポットの位置が所定の場所に収まっていない。
燃料が落ちてくるすべり台と燃焼ポットとの収まりも何かヘン。



燃焼ポットの位置が悪いと、燃焼に必要な空気がうまく取り入れられないので、ちゃんと燃えない。その結果が↓


きっちりと修正してみたら・・・・・

次は、ベントキャップ<排気筒の先端>について。

ベントキャップは暖房シーズンにははずしてください。
メッシュ部分に燃焼ススが溜まり、排気口が閉じられ、一酸化炭素中毒のおそれあり。

写真は、外し忘れた様子。


そして、暖房のシーズンが終わったら、メッシュは取り付けてください。
取り付けないと、小動物などの棲家になっちゃいます。

きちんとしかた形で、ペレットストーブを使いましょう。

気になることがあれば、販売店へのご相談をおすすめします。

森のライフスタイル研究所の活動を御支援ください。
ぜひ、よろしくお願いいたします。


PayPal のシステムを使って<DONATE:寄付>できるようになりました。Donateボタンをクリックすると、PayPalの画面に変わります。右上部の言語を<日本語>にしてから御覧ください。







「伝えたい!」思いをつなげるサイト GREEN CLICK



なかのひと

Home > メンテナンス > ペレットストーブのメンテナンス情報|

Search
Feeds

Return to page top