Home > メンテナンス > SUS304、厚さ0.6㎜の煙突を使っています

SUS304、厚さ0.6㎜の煙突を使っています

ペレットストーブを使うためには、必ず、煙突(排気筒)が必要になります。

近藤鉄工の場合、SUS304、厚さ0.6㎜のステンレス製で

黒の塗装が施されている煙突をつかっています。

インターネットで調べてみると、さまざまな煙突があり、値段もさまざまですが、

室外で煙突が伸びている場合には雨や風にさらされること、

夏には太陽にさらされること、

熱い空気が煙突を通じて排気されていることなどなど

煙突は非常に過酷な状況で何年間も使い続けることになるわけなので、

近藤鉄工では上記のSUS304、厚さ0.6㎜のステンレス製を推奨しているんです。

ストーブの製造会社としてきちんと責任を負うことができるスペックなので、

煙突を高い安いの対象にはしないでください。

↓↓良かったらクリックお願いします↓↓
人気blogランキングへ

Home > メンテナンス > SUS304、厚さ0.6㎜の煙突を使っています

Search
Feeds

Return to page top