Home > ペレットストーブ > ペレットストーブ設置事例その1

ペレットストーブ設置事例その1

9月6日に埼玉県三郷市のMさんの新築のお家

信州型ペレットストーブを設置させていただきました。

工務店は、東京都江戸川区の田中工務店。

とにかくしっかりとした工務店さんで、打ち合わせ時から何のトラブルもなく、

スムーズな設置工事ができました。

担当の野島さんお忙しい中ありがとうございました。

しがないペレットストーブ工事会社にちゃんとした応対をしてくれる工務店さんて

けっこう少ないんですよ。

高圧的というか横柄というか・・・。

こういった工務店にお家の建築を頼まれると後悔しないんだろうなぁ~と思います。

Mさんのブログから当日の設置写真を引用させてもらいながら

設置事例を説明しますね!

まず、壁の穴あけ。


写真は外からあけていますが、その前に内側から開けていますので・・・


2番目、貫通


きれいな口かと思っていますが、何か?

穴の大きさはφ160。

排気筒はφ120×80の二重筒なんでこのサイズがポイントです。


3番目、排気筒の接続


45度の曲がった排気筒をつかって、コーナーに設置

これからストーブの設置を考えている人には参考になりますでしょうか?


4番目、排気筒の先端部(ベントキャップ)の収まり

庭先に木が植えてあるので、極力、外壁に近づけました。

Mさんにも伝えましたが、木の “パサパサ” が気になります。

火事にはくれぐれも気をつけてくださいね。


最後、燃えた!

きれいに燃えていると思いますが、何か?

もう1ヶ月くらいしたら暖房シーズンです。

Mさんのペレットストーブライフがいまから楽しみです。

↓↓良かったらクリックお願いします↓↓
人気blogランキングへ

Home > ペレットストーブ > ペレットストーブ設置事例その1

Search
Feeds

Return to page top