ホーム >> Activities

Activities

森のライフスタイル研究所では、「森づくり」×「人づくり」をキーワードに、さまざまな角度から活動を行なっています。

 

森づくり

暗い森

手入れのされた元気な森

(c)2009私の森.jp写真部

森づくり

「木を伐り、森を未来の資産に。」―これは私たちのスローガン。
環境保全・森林保護というと、とかく"植林"に発想が向かいがちです。でも待ってください。実は、木を植えているだけではダメなのです。植林された木々は大きく生長していく中でお互いの間隔が狭くなり、太陽の光や風通しの悪い暗い森へとなっていってしまうのです。これではせっかく育とうとしている木々はやせ細り、まともに呼吸もできないまま、その機能を失ってしまっています。
木を伐り...、一見過激にも思えますが、森林が健全に育つためにはとっても重要なことなんです。
さあ、みなさんも木を植えるばかりだけではなく、伐ることにも目を向けて、私たちと一緒に森を未来の資産へと変えていきましょう。

 

 

ペレットストーブ

ペレットストーブ

ペレットの粒

ペレットストーブ

みなさんの中には「ペレットストーブ」など聞き慣れない方もいらっしゃるでしょう。実はこの「ペレット」はバイオマスエネルギーとして今、熱い注目を集めているのです。森林整備などで出た間伐材を粉砕・圧縮してつくられる木質ペレットはその小さな"つぶつぶ"に、大きな可能性を秘めています。
従来の薪ストーブに比べて安定した燃焼を実現する木質ペレットは、石油に替わる新時代のエネルギーとして、未来を明るく灯しています。
森のライフスタイル研究所では、ペレットストーブメーカー各社と協力して、クリーンエネルギーとしての木質ペレットの啓蒙活動や、ストーブ普及に尽力をしています。

 

 

森と洋服のプロジェクト

森と洋服のプロジェクト

森と洋服のプロジェクト

森と洋服のプロジェクト

「森と洋服のプロジェクト」は森林とファッションのコラボレーションにより、若者の感性と行動力を森づくりに活かしていくプロジェクトです。
一見"縁"が遠そうな両者ですが、いま日本の森は若いチカラを必要としているんです。一方、若者を中心に、アースコンシャスなライフスタイルは今や最先端のファッション。つまり、若者パワー×エコ実践フィールドってこと。
ねえ、ちょっと森へ行ってみませんか?

Be a HERO !
森づくりを通して地球を守るヒーローになろう!

 

 

フラクショナル・シェア

フラクショナル・シェア

フラクショナル・シェア

フラクショナル・シェア

自分らしさを追求し「本当の豊かさ」を模索する時代へと大きく変わってきました。特に「所有欲」については顕著であり、ブランド物や楽器の共有、自動車のタイムシェアなど"所有する悦び"から"賢く利用する"方向へと人々の意識が向かいはじめています。
この「フラクショナル・シェア」もその一つ。リゾート地などを中心に普及している住居のタイムシェアのように1週間単位の利用ではなく、1〜数ヶ月という単位での利用により、優雅でのんびりとした時間を過ごせる共有方式で、都会と田舎を結ぶ新しい住まい方です。
森のライフスタイル研究所では、長野県白馬村をフィールドにその仕組みづくりを行なっています。

 

 

カーボン・オフセット

カーボン・オフセット

カーボン・オフセット

カーボン・オフセット

カーボン・オフセットとは、自分の温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部又は一部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)すること。
森のライフスタイル研究所では、「ペレットストーブの使用により(石油等と比べ)削減できた二酸化炭素の排出量をクレジット化して企業等に購入してもらい、その販売益をストーブ使用者に還元していく活動を行なっています。

 

PDF仕組みと説明はコチラ

 

 

木づかい・マイ箸づくり

木づかい・マイ箸づくり

木づかい・マイ箸づくり

木づかい・マイ箸づくり

放置され、朽ちてしまうであろう間伐材の新たな利用や、環境意識の"気づき"を目的として「マイ箸づくり活動」を行なっています。
特に、マイ箸づくりイベントに参加する子どもたちにとっては"環境意識"の向上を図るとともに、自分で工作する楽しみを学べる場として各方面で好評をいただいています。
子どもたちの中には、初めてナイフを使う子もおり、その恐ろしさを学べる貴重な場として、青少年育成に一役かっているものとも自負しています。

 

 

子どもキャンプ

子どもキャンプ

子どもキャンプ

子どもキャンプ

子どもの頃の思い出は、一生の思い出へと深く刻まれていきます。 清々しい森の中での共同生活、仲の良い友達同士の楽しい時間、そして初めて会った子とも不思議と仲良くなれる特別な別空間がここにはあります。
みんなで一緒に建てたテントは、都会の高層ビルより立派で、みんなで手分けしてつくったカレーはいつもより何倍も美味しく感じられるはず... 。
多感な子どもたちが、さまざまな体験やコミュニケーションを通して大きく育つ瞬間や、普段見られない一面もきっと見られるこの子どもキャンプに、親子そろって是非ご参加ください。

 

 

秘密基地づくり

秘密基地づくり

秘密基地づくり

秘密基地づくり

森林と地域社会の関わりが希薄になってしまった今、森林は放置され、私たちは森に足を踏み入れなくなってしまいました。子どもの頃は仲間と森へ出かけ、日が暮れるまで遊んでいたのに...。
ここ十数年、ゲームやマンガ、インターネットなどが発達し、子どもたちの遊び方も多様になってきました。冒険心、好奇心、想像力が旺盛で人間性の基礎をつくっていくこの大切な時期に、子どもたちをこのまま家の中だけで遊ばせても良いのでしょうか?
このプログラムは自然の中でのモノづくりを通して、森林と子どもの関係をもっともっと近づけるため、ひいては希薄傾向にある親と子、友達同士の関係をより良いものにすることを目的としています。
"子どもは風の子"おとなも一緒になってあの森で遊んでみませんか。
森のライフスタイル研究所は、逞しくやさしい子どもの育成に取り組んでいます。

 

 

森の紙芝居

森の紙芝居

森の紙芝居

森の紙芝居

学校にも導入されているペレットストーブ。その燃料である木質ペレットと地球環境・森林・二酸化炭素などとの関係を「紙芝居」を使って、子どもたちに分かりやすく説明しています。
今の子どもたちにとって新鮮に映る紙芝居は、開催する各回とも大変好評で、観ている子どもたちはいつも、楽しくまた真剣に聞き入っています。
きらきらと目を輝かせて座っている子どもたちは、とっても印象的です。

 

 

教材開発

教材開発

教材開発

教材開発

目と耳で自らが学べる子ども向けDVD「森林は身近なエネルギー」や「秘密基地づくり読本」など森林や環境学習、アウトドアに関する教材を制作し、長野県内や希望する県外の学校・団体に配布しています。
森のライフスタイル研究所では、「秘密基地づくり」や「子どもキャンプ」など屋外での体験学習はもちろんのこと、DVDやパンフレットのような教材を制作し、屋内でも環境学習やアウトドアに関する学習ができるよう、啓蒙活動を行なっています。

 

 

 

 

Page Top